質屋とは鎌倉時代に生まれた庶民金融機関の一種で
何らかの物品を担保として受け取る事によって
金銭を貸し付ける事業者またはその店舗を指す。
また、その際の担保を「」と呼び、
それによって金銭を借り入れることを「質入れ」と呼ぶ。

質店(しちてん)または質舗(しちほ)と呼ばれる事もある。