代行カードとは
提携カードと異なり、
百貨店などの小売業者や企業がクレジットカード会社信販会社に発行業務を委託するクレジットカードを指す。
(ハウスカードと呼ばれる事もある。)

クレジットカードの発行は委託されたクレジットカード会社などが行うが
会員の募集などの業務は各企業が独自に行う。

加盟店となる企業にとっては
顧客が競合会社に流れないなどのメリットもあるが
経費の負担が大きいため一定の売り上げがないと継続が困難な上、
利用者にとっては
利用場所が制限されるなど、
不自由なわりにメリットが少ないことから
現在では提携カードが主流となっている。