TTSTelegraphic Transfer Selling)とは
銀行が顧客に対して外貨を売る際に適用される為替レートで、
顧客側としては円を外貨に交換する時に適用される為替レートとなる。
通常この換算相場には金融機関に支払う為替手数料が含まれる。

TTSは電信売相場(対顧客電信売相場)または外貨購入・預入レートと表現されることもある。

外貨預金やトラベラーズチェック、外貨の送金で円を外貨に交換する際に用いるのはこのTTSレートとなる。

≪関連記事≫
TTB