架空請求とは
根拠のない架空の取引を装うことによって請求を行い
金品を騙し取ろうとする詐欺行為を言う。

架空請求の方法は
郵送や電子メール、ショートメッセージサービスなど様々。

また、その手口も多様化ているため
十分な注意が必要。

インターネット上には
架空請求を行う悪徳業者のリストなどを公表するサイト、
もしくは架空請求を受けた被害者が情報を出しあい集積するサイトが
多く存在する。
もし架空請求と思われる不審な請求を受けた場合には
相手の特徴となる情報をキーワードとして検索する事によって
架空請求であることを確認できる場合が多い。
(例:相手の団体名、住所、電話番号、メールアドレスなど)
架空請求の一部始終が公開されている場合も多いため
送付された文言の一部をキーワードとする事も有効である。

請求が不正な架空請求であることが確認された場合
一切反応せず完全に無視を続けることが推奨されているが
不安が続くなど必要があれば
警察消費生活センター国民センターなどの
公的な窓口に相談する事も必要である。