定量分析とは
クレジットカード金融機関での金銭の貸し付けにおいて
申し込み者の支払い能力を判断する際の評価方法のひとつである。

定量分析では定性分析と異なり
財務諸表を中心に申し込み者の支払い能力
収入可処分所得貯蓄職業勤続年数住宅状況、負債状況などから
計数的に評価する。

《関連記事》
定性分析