略奪的貸付行為とは
老人や低所得層などに対し
住宅ローンなどにおいて返済能力を無視した過剰な貸付を行うなど
借り手にとって極めて不利な条件での契約を行う不正行為であり
アメリカなどで消費者信用のトラブルとなっている。
また、借り換えを考える借り手に対しては高額の解約違約金を請求するケースもある。

略奪的貸付行為については借り手側が
クレジットローンなどの金融に関する知識について
無知である事を利用した手段で不当な貸し付けを行うことが大きな特徴である。

特にアメリカでは
英文の契約書自体が読めない移民に対し
サブプライム借入を行うなどのトラブルも起きた。

※略奪的貸付行為(Predatory Lending Practice)
参考URL:Predatory Lending Practice