偽造カード保険とは所有するキャッシュカードクレジットカード偽造不正使用されたことによって
カード所有者が損害を被った場合、被害金額の一部または全部を補償するための保険である。

近年、盗撮スキミングフィッシングなどの手段によって
偽造変造した「偽造カード」の不正使用が増加する中で
カード所有者を保護または補償するために
郵貯キャッシュカード銀行キャッシュカードクレジットカードなどに付けられる保険
ただしカードの種類によって、その補償内容は変わってくるので注意が必要。

郵貯キャッシュカードについては
1口当たり100万円を限度(口座全体で1億円を限度)として、その全部または一部を補償
ただし、郵貯ジョイントクレジットカードクレジットカード部分は対象外とされる。

銀行キャッシュカードの場合
偽造カード盗難カードによる被害金額の一部または全部が
預金者過失の度合いに応じて補償される(一部の銀行)。

キャッシュカード偽造カード保険については
キャッシュカード会社によって異なる。