出資法とは『出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律』の略称で
出資金の受入れ、預り金、浮貸し、金銭貸借の媒介手数料、金利について規制する
日本の法律である。

主な内容
出資金の受入の制限
預り金の禁止
浮貸し等の禁止
金銭貸借等の媒介手数料の制限
高金利の処罰
高保証料の処罰
保証料がある場合の高金利の処罰
利息及び保証料の計算方法
物価統制令との関係
金銭の貸付け等とみなす場合
その他の罰則