金融審議会とは1998年に金融監督庁(現・金融庁)が設置された際
金融制度審議会証券取引審議会保険審議会を統合し
設けられた審議会である。

学識経験者や各専門家、金融界・産業界などの代表によって構成され、
金融庁が所管する金融制度を中心とする諸問題を議論するのが主な役目となっている。